台風一過

朝の4時頃に風音で目が覚めて、それからはなかなか寝付けませんでした。

台風が逸れてくれて安心していたので、思ったより風があるな~という風の音です。


一番の仕事は先ずは園地をまわること。

さ~と見た感じではほとんど何事もなくて、よくみても果実に傷があるといわけでもなさそうです。

昨日風よけをした紅まどんなの園地では、軸が折れている果実がありましたがほとんど大丈夫のようでした。

でも、収穫して一個一個見ると、もしかしたら今朝の傷があるかも。


早生みかんの園地にやってきました。

画像


ほんのりと色付いてきました。

台風の被害はほぼなかったものの、弱っている樹が先日の雨の重みで倒れていたので、チェーンソウで切って持ち運びました。

この時期は果実が大きくなってその重みと、更に雨がふるとその追加の重みで、耐えきれなくなる樹が出てきます。

他にも別の園地で中生みかんの樹も弱っている樹があります。それも運びましたが予兆の見られる樹がまだあります。

中生みかんは新しい園地に新植したのでいいのですが、早生みかんは世代交代の準備が課題です。

もう40歳以上にもなるし、新しい苗木を植えても品質のよいみかんになるには10年近く必要なので、早いとことりかからないといけません。

でもこの熟年の樹の果実は、外の皮が薄くて、ツヤがあって、中の皮(じょうのう)が薄くて、房ごと食べてもはじける食感で、さすがにいい仕事をするのです。

画像


栽培方法によると思いますが、若樹は樹の勢いが勝って、味がうまくのってこないように思います。


下の写真は農業をはじめて最初に植えた中生みかんで少し前の写真です。
画像


まだ2年半で、ようやく今年初収穫ですが、果実はごつごつしていて品質はよくありません。

来年以降にはお届けできるかもしれませんがまだ樹が大きくなろうとしている最中です。

新しい品種のカンキツがいろいろと出てきていますが、原点の温州みかんが実は一番作るのが難しい気がしています。


その他、紅まどんなの苗木の枝吊りなどやって本日はおしまい。

土曜日くらいから涼しくなってくれるようで、本格的に秋の剪定にとりかかりたいと思います。


今日の天気
くもりのち晴れ
気温22.3~27.8℃


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(o^ー^o)
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック